doctor3128_128

転職サイトに登録はしたものの、いまいちどう活用したらいいのかわからない…メルマガのようにじゃんじゃんメールが届くが、見るのが億劫で内容を見ていない…結局そのままフェードアウトという人も多いのではないでしょうか。とは言え、仕事をしながら転職活動をするのは時間の制限が多いもの。だからこそ転職サイトはうまく活用したいですよね。ここでは、転職サイトサービスを役に立つツールとして使うポイントをご紹介します。

自分のタイプによって使い分けましょう

あなたは下記4つのどのタイプに当てはまりますか?

  1. 自分のニーズに合った求人をじっくり待ちたい・探したい
  2. 一人で転職活動を進められるか不安なのでサポートがほしい
  3. 自分の目でしっかり吟味したい
  4. まずはとにかく情報収集

①、③、④に当てはまる人は、必ず転職サイトを活用すべきです。①はスカウトメール、マッチングサービス、③は求人検索、④はコラムやお役立ちコンテンツを活用するとよいでしょう。ではそれぞれどのように活用すればいいのか、ポイントをまとめます。

スカウトメール・マッチングサービス

メリット

自分自身の経歴や希望に合った求人の紹介をメールで受け取るサービス。書類選考は一切なく、面接を確約した求人案内が入ることもあり、より確度の高い転職活動が可能です。メールが来たから必ず受かるというものではありませんが、思わぬ大企業からスカウトされて視野が広がったり、一方でまったくの未経験分野の職種を希望欄に入れていることでスカウトが来なかったりすることで自分自身の市場価値を客観的に見ることもできます。転職を急いでいる人も、そうでない人も、登録しておくべきツールでしょう。

デメリット

登録情報が雑すぎると、不要なメールが増えていくだけになってしまう可能性があります。スカウトサービスに登録する際には、「○歳、女性、事務経験、希望勤務地○○」といった大分類の登録だけではなく、実際にどんな仕事をして、どんな成果を上げていたのかが分かる職務経歴や、希望事項などを細かく登録しておくほうが担当者の目に留まりやすくなりますので、情報を豊富に開示することで精度を上げる工夫をしましょう。待ちの姿勢の転職活動ですので、なかなかいいスカウトが来ないということも起こりえます。可能性を広げるという視点で必ず複数社のサービスに登録しておきましょう。

求人検索

メリット

とにかく大量の求人情報が手に入ること。転職市場にどんな求人が発生しているのか知ることができますし、希望する職種の類似案件も多数目にすることができるので情報量も増えます。在職中で、マイペースに転職活動を進めたいという方にはもってこいです。

デメリット

探すも探さないも応募するもしないも自分次第のため、飽きっぽかったり中途半端な気持ちで臨んでしまうと途中で投げ出してしまうリスクがあることです。どちらかというと1年程度を目安に転職を考えているという人にオススメします。ただし、すべて自分自身でやりきるつもりだし、すぐにでも転職したいという方であればいくらでも求人を探し出すことができますので、ぜひこの機能は活用しましょう。

コラム・お役立ちコンテンツ

メリット

リクナビ、DODA、enなど、ほとんどのサイトがお役立ち系のコンテンツを用意しています。履歴書・職務経歴書の書き方、転職活動の進め方はもちろん、年収診断などの各種診断系コンテンツもありますし、業界動向など業界・企業研究にも役立つ情報が豊富。いずれも転職のプロが作っているコンテンツですので必ず役に立つはずです。転職活動成功の秘訣ははどれだけ情報を持っているか、そしてその情報をどう生かせるかにかかっています。

デメリット

特にありません。転職想定時期にかかわらず、ぜひ活用しましょう。

ちなみに②に当てはまる方は、転職サイトも使いながら転職支援サービスを併用するとよいでしょう。こちらについてはまた別記事でご紹介します。