memo-1転職活動の成功のカギを握るのは面接対策です。面接を成功させ、内定を得るためには事前対策が欠かせません。面接対策をせずに臨む面接と面接対策をして臨む面接では、評価はもちろんの事、結果すら変わってきます。では、効果的な面接対策とはどんなものなのでしょうか。まずここでは、具体的な面接対策を始める前に知っておきたいポイントについてご紹介します。

面接について考える前に知っておきたいこと

志望動機や転職理由などについて考える前に、大前提として面接について押さえておきたいポイントがあります。下記のポイントを押さえたうえで、具体的な対策をするようにしましょう。

  1. 面接官と自分の間にはギャップが発生しやすい
  2. 面接官によって見るポイントが違う

1.面接官と自分の間にはギャップが発生しやすい

面接で多くの人が失敗する原因が、自分本位の自己アピールです。転職希望者は選考に受かりたい一心で自分の強みなどをアピールしますが、果たしてそのアピールは面接官が採用したいと考えている人物像とマッチしているのでしょうか。面接官は自社で採用したい人のイメージを明確に持っています。そのため、そのイメージにまったく合わない内容ばかりをアピールしたところで、面接官にはまったく響かないでしょう。重要なのは面接官を意識したアピールです。

面接は言いたいことを一方的に伝える場ではなく、求められていることを伝える場であると認識しておきましょう。

2.面接官によって見るポイントが違う

企業によって実施される面接回数は様々ですが、2~3回程度が一般的です。複数回の面接が予定されている場合は、毎回違う面接官が必ず登場します。異なる面接官による面接が複数回行われるのには理由があります。企業は面接官を変えることで見るポイントを変え、総合的に判断をしているからです。

例えば、よくある面接の流れとして下記のようなパターンがあります。

①人事面接
②現場面接
③役員面接

それぞれについて、見ているポイントを詳しく分析していきましょう。

①人事面接

まず人事面接では、社会人としての基本的な部分を見られるケースが多いようです。

  • 社会人としてのビジネスマナーが身についているか
  • 第一印象・退陣印象は良いか
  • ビジネスパーソンとしての基礎的能力が備わっているか

では人事面接で不採用となってしまう場合、具体的にどのような理由で不採用になっているのでしょうか。主に下記のような理由で不採用になっていることが多いようです。

  • 挨拶ができない
  • 服装がだらしない
  • 元気がない、暗い
  • 受け身の姿勢で意欲を感じない
  • 質問に対して的確な回答がない
  • 企業や仕事内容について調べていない
  • 転職理由がよくわからない

人事面接では仕事ができるかどうかということ以前に、人間としての印象や雰囲気が主な判断基準になっています。また、女性の場合は結婚や出産などのライフイベントを迎えたときにどうするのかというスタンスを確認される可能性もありますので、自分なりの考え方を話せるようにしておきましょう。

人事面接は1次面接で設定されることが多いため、ここをクリアしない限り仕事内容について詳細な話ができる現場面接に進めないため、自分自身の対人印象やマナーをより意識して臨むようにしましょう。

②現場面接

現場面接では主に現場責任者が面接担当者となります。面接時に見ているポイントは下記の通り。

  • 経験やスキルはどの程度あるか
  • これまで仕事で大切にしてきたこと、判断基準を持っているか
  • 自分の強みや当社で生かせることを把握できているか
  • 一緒に仕事をしたいと思うか

現場面接は実際に一緒に働くであろう人との面接です。そのため主にスキルや経験重視の面接となります。また、面接官にとっては部下となりうる人材であるため、部下として一緒に仕事をしたいと思える人間かどうかという点も一つのポイントになると考えておきましょう。

では、現場面接で不採用となってしまう場合はどのような理由なのでしょうか。

  • 経験・スキル不足
  • 自分が出来ることの説明が出来ない
  • 困難を乗り越えた経験がない
  • 人柄はいいが、仕事に対する姿勢が消極的
  • 自分の強みを把握できていない
  • スキルはあるが、会社の雰囲気や考え方の不一致

現場面接では今回募集しているポジションで任せる仕事に対応できるスキルや経験があるかという点が重視されます。ただしスキルがあればなんでもいいというわけではなく、会社の考え方と合うかどうかという点も大切ですのでスキルばかりをアピールしないよう注意しましょう。

③役員面接

役員面接は基本的に最終面接で実施されます。面接時に見ているポイントは下記の通りです。

  • 入社意欲が明確にあるか
  • やりたいことと会社の方針が一致しているか
  • これまでの選考を通して、会社にどのような考えや印象を持ったか

上記を踏まえたうえで、役員面接での不採用理由を見てみましょう。

  • 志望動機が弱く、なぜ当社を志望しているのかわからない
  • 企業HPなどの情報を見ておらず、意欲を感じられない
  • 日程調整などで自身の都合ばかりを優先する印象なので、志望度合が低いと感じる
  • 長期的に就業してもらえるか不安が残る
  • 企業理解が足りない

最終面接というと、条件提示や顔合わせ程度の内容と油断する人も多いですが、実際はかなりの難関です。役員の目線は、この人を採用して自社にメリットがあるかどうかという点です。会社の方向性に共感していることはもちろんですが、その会社が何をしているのかということを知らないなど言語道断です。

その会社で働くという意識を持って会社についての情報をインプットし、覚悟をもって面接に臨むことが重要です。