sign128_128女性が働きやすい会社で働きたい、ワークライフバランスをとって働きたい、そんな思いをもって転職活動に臨む女性は非常に多いです。ではどうやって求人情報を集めればよいのでしょうか。インターネットで検索をしてみても、どう絞っていいのかわからない、求人の実態がよくわからなくて応募していいのかどうか判断がつかないなど、情報収集には様々な悩みがつきものです。

ここでは、女性を採用ターゲットにしている求人の探し方の一部をご紹介します。

「女性」というキーワードで探してみる

「転職」と入力してみてください。

男女雇用機会均等法に基づき、性別を限定した表記をすることは原則できないことになっていますが、女性を積極採用しているかどうかは求人広告の文中にヒントが隠れていることが多くあります。例えば、

  • 女性が活躍中
  • ママが活躍中
  • ワークライフバランスを考えた働き方
  • 女性管理職もいます

などなど。これらの表記がある場合、女性も積極的に採用したい、もしくは実は女性のみ採用したい求人の可能性が高いです。また、使用している写真が、働く女性社員の写真や女性モデルを活用している場合も、その広告のターゲットを女性に設定して作成されている可能性があります。

転職サイトの求人広告は一方的に情報が入って来るだけなので、まずはどんな人を企業は採用したがっているのかを自分なりに解釈してみるといいでしょう。もしかしたら私みたいなタイプに合っているかも?と思える求人に出会える可能性もあります。

女性に特化した転職サイトを活用しましょう

リクナビネクスト、en、DODAなど、超大手の転職サイトは男女問わず活用できるサイトですが、利用者を女性のみに限定した転職サイトも数多く存在します。例えば代表的なサイトですと、とらばーゆ、女の転職@typeといったサイトは目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

これらのサイトに掲載されている求人は、明確に女性の採用をするつもりのある求人ばかりです。就業環境や働くママの割合、育児休暇の取得率、女性管理職の有無など、女性にとって知りたい情報をきちんと網羅しているものも多いので、非常にわかりやすいと思います。中には実際に働いている社員のインタビューなども掲載されているページもありますので、必要な情報を多く集めることが可能です。

結婚や出産を機に働き方を変えたい、将来を見据えて女性が長く勤められる会社で働きたいなど、女性ならではの転職理由で転職を考えている人にとっては、ぜひ活用いただきたい情報源です。すべてのサイトに同じ求人が掲載されているわけではないので、より多くの求人に出会うためのポイントは複数サイトに登録をしておくことです。スカウトメールなどで新着求人を逐一チェックすることもできますので、効率よく活用しましょう。

女性の転職フェアもお見逃しなく!

頻度はそこまで高くはないですが、各人材会社は時々女性限定の転職フェアを開催することがあります。

経験豊富なキャリアコンサルタントとの転職相談を気軽にできるだけではなく、女性を積極採用している企業の人事がその会場に来て、その場で説明会兼選考会を実施することもあります。企業担当者から直接情報収集できるだけではなく、選考会同時実施の場合は選考のスピードアップをすることも可能です。

電車の中づり広告などでアナウンスしていることもありますが、転職サイトに登録していればメールで案内が来ますので、ぜひ内容をチェックしてチャンスを逃さないようにしましょう。

転職エージェントから女性積極採用の非公開求人を紹介してもらいましょう

転職サイトに掲載されている求人はあくまで一部で、実際はもっと多数の求人が存在しています。転職サイトで検索しても見つけることのできない求人を「非公開求人」と言います。

非公開求人は様々な理由で企業が募集を公に出すことをNGとしている求人です。例えば、

  • 管理職にポストが空く予定だから
  • ライバル企業に採用をしていることを知られたくないから
  • 性別限定で採用をしたいから

などなど。これらの求人には採用ターゲットを女性のみに限定しているものも含まれます。

この非公開求人の情報を得るためには、転職エージェントに登録する必要があります。転職エージェントに登録すると、自分の専任コンサルタントがつき、条件に合った求人を紹介してくれます。非公開求人はこのコンサルタント経由でなければ紹介を受けることができないのです。

コンサルタント側は企業の採用背景なども熟知しているので、なぜ女性を採用したがっているかなど、その理由の納得度合いも高いです。転職サイト同様、エージェントによって扱っている求人も若干異なりますので、複数のエージェントを活用すると良いでしょう。